2013.1.25 初詣 of 尾米タケル之一座

PhotoDiary

2013.1.25 初詣

P1050633.JPG

先日浅草に行ったついでに浅草寺に寄り道して初詣をした。
昨年は年明けそうそうに祖母が亡くなったこともあり行けずじまい。2年ぶりの初詣ということになる。
毎年やることは決まっている。さい銭入れてお参りして、おまもり買っておみくじ引いて、帰る。
今年は大凶だった。初めて引いたけど、たいして気にはしていない(て、こう書いたら気にしてるみたいだけど、まいいか)。
ここで引いたおみくじは大凶だったけど、またどこか違う神社で引いて吉か大吉なんかが出ればそっちをあっさり採用してしまうのだ(おみくじは何回引いてもいいしね)。いいとこ取り。
さてほんなら帰ろうかい。
としたところで呼び止められた。
「ニホンノ方デスカ?コレ読メマスカ?」
おみくじを差し出されたのだ。
見たところ、南米からの観光客のようで(たぶんチリかコロンビア人)、ガイドだけが日本語がわかるようだ
「吉」と書かれたおみくじを差し出された。英語でなんて言えばいいのかわからなかったけど、なんとなく「Not very good, but good.」と言ってみた。それを訳すガイド。しばらくして「Oh, good !」と言いながらうれしそうに観光客が笑った。ニュアンスは通じたようだ(たぶん)。
続いて「商売」「旅行」「学問」「恋愛」などの項目も1コずつすべてを解説し、それをガイドが訳していった。10分ぐらいして解説し終えたら、観光客から笑顔で握手を求められた。照れながらもなんだかうれしい気もした。
ところが、そのあとから「俺のも見てくれ」「私のも」「わしもだ」と他の観光客におみくじ解説が伝播したのだった。。