2013.6.29 三途の川へ行ってきた of 尾米タケル之一座

PhotoDiary

2013.6.29 三途の川へ行ってきた

DSC00217.JPG
東京で会社を立ち上げて仕事をしていた中学時代の友人(男)が、少し前に地元に戻りました。
会社を解散して、今は地元の町役場で観光の仕事に携わっているそうです。

もともと彼はスキー(競技名は忘れてしまいましたが、アクロバティックな技を競うやつです)でオリンピックを目指していました。
憧れの男はブルース・リー。

ある日練習で失敗して一週間生死の境をさまよいました(一週間後に病院の集中治療室で目が覚めた)。
そのとき三途の川に行ったそうです。

なぜかその三途の川のほとりに、一人で鍛錬をしているブルース・リーがいたそうです。
ブルース・リーのことが好きすぎた彼は、近寄って、勝手に一緒に鍛錬をしたそうです。
遠くからずっと「帰ってこーい」という声が聞こえていたのに。

しつこく付きまとった七日目の日。
「しつこいからもう来るな」とブルース・リーから言われ、嫌われたくないからこっち(現世)の世界に帰ってきたようです。

不思議な話だったのでコントライブのことではないけど、この際、いいか。ね。