Blog 2012.2.23 さかぐちそうの巻 of 尾米タケル之一座

2012.02.23 さかぐちそうの巻

メンバー紹介。最後は怪人反原発男、さかぐちそうです。

この男はもともとメンバーではありませんでした。

「スイシンジャー」の歌詞が出来て、「誰か曲つくれる奴居らんかなぁ?」と言っているところに

タケカワが連れてきたのがこの男でした。

曲の打ち合わせを重ねているうちに、

同時にメンバーが足りずに苦しんでいた僕達がどさくさ紛れに

「この役(怪人)とかお前合うんちゃう?」とルーズにオファーし、

当時コンビを解散しアルバイトしかしていなかったさかぐちが

「え?そうすか?」とルーズに答える。

そんな感じでメンバーになりました。


僕とほとんど接点がなかったこの男がメンバーに加わったのは「たまたま」です。

ところがたまたまメンバーに加わったこの男がコントフェスでは大活躍しました。


「スイシンジャー」を歌っているのもこの男。

さらに音響全般を担当するこの男は打ち合わせで「こんな音できへんかな?」と言うと

次の打ち合わせの時には「こんな感じですか?」と持ってきます。

人手不足で困っている裏方業務もかなりの部分をこの男が負担しています。

仕事をこなした後のイキッた感じがなければ尊敬に値します。



演者としても作品にはなりませんでしたが、福島ロケでは20キロ圏内の様子を伝えようと、

妨害する警官隊と怪人姿で奮闘し、追い返され…


カメラ担当の赤褌が「・・・ごめん(録画の)ボタン押し忘れた。」と言えば

車を再びUターンさせてまた警官隊と同じやりとりを繰り返し。


「インタビューした福島県民の声」を東京電力の勝又に届けよう、とまた警官隊と格闘し・・


とにかくいつも矢面に立ってきたのはこの男です。

犯罪に例えると実行犯はこの男です。

なので警察の方々、今後、痴漢の冤罪などで一座を嵌めるならどうぞこの男を嵌めて下さい。

さかぐちも「本望だ」と言っています。

正確には言っているのは聞いたことありませんがこの男はきっとそう思っています。

少なくとも僕の中のさかぐちはそう言っています。


・・・とにかく! たまたまメンバーに入ったこの男が今一座を引っ張る大きな原動力になってくれています。

そんなさかぐちの最近の口癖は「怪人人気ないわ~」です。

どうかみなさんもっと「怪人の唄」を見てやって下さい。

そしてコメント下さい。これでもかっていうくらい。

さかぐちはくいしん坊なんです。




ちなみにさかぐちくんの名誉の為に言っておくと

「怪人の唄」を見ている限りわからないかもしれませんが、

さかぐちくんの人間性は最悪です。

全然「いい人」ではありませんので。あしからず。

そのエピソードはまたの機会で。