FUJI ROCK FESTIVAL.'13 of 尾米タケル之一座

FUJI ROCK FESTIVAL.'13

2013.7.26

DSC03770.JPG
ある日いつものように日曜日の打ち合わせに向かうと、さかぐちが言いました。
「フジロック決まるかもしれん」
マジか。。。

それからしばらく経って、谷中の家で行った『新年会&交流会&クイズ大会』に大久保青志さんという『さようなら原発10万人集会』にボクらを呼んでくださった方を招待した。
その際、大久保さんさんから直々に「今年のフジロックのアトミック・カフェはスイシンジャーでいきます。よろしく。」と言われました。
マジか。。。

大久保青志さんは、ロッキンオンの創設メンバーであり、87年に退社後は主に政治の世界で都議会議員、保坂展人秘書などで活躍されておられました。内田裕也さんの元マネージャー、アトミック・カフェ主宰、フジロックフェスのNGO村長として長年ロックと関わっておられます。

今回は、個人や自分たちではどうすることもできない、大変貴重な経験をさせていただきました。
携わった皆さまとの多くのご縁にただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
当日(7/26・金)、東京出発から苗場スキー場到着、ステージ本番までが怒とう過ぎて写真を撮る暇がありませんでした。
ですので、今回は写真少なめです。




AM6:30。
さかぐちが運転する車に、タケカワ、にいやん、ボク(イクマ)、堀口、中の順番で合流し、快調に出発。
高速はさらに快調で、予想以上に早くに着きそうだったので、なるべく多めに休憩を取りながら向かうことになりました。
サービスエリアを検索。
とくれば堀口ナビゲーションの登場です。
ところがこの日の堀口は仕事の夜勤明けで一睡もしておらず、体力温存のため「寝かせてくれ」と言って懐からアイマスクを取り出しました。。
装着。
堀口ナビゲーションは1ミリも作動しませんでした。

オーラを完全に消して “寝” の状態に入った堀口でしたが、iPhoneからはYouTubeで立ち上げたももクロがエンドレスで鳴っていました。

さかぐち「なんやねんあの人www
中「ただのサボりや」
タケカワ「音漏れしてるよ」 ※タケカワは堀口の隣に座ってました。
とみんなからは非難囂々でした。




DSC03751.JPG
最初に立ち寄ったサービスエリア。
みんな特にお腹も空いてないし、コーヒーやお茶、ソフトクリームで済ませる中、ただ1人躊躇することく




DSC03749.JPG
ラーメンと牛丼を頼みました。
よく見たら着ているTシャツにはスパムが。




DSC03752.JPG
こっちは出発して1時間ちょっとでTシャツ(白)にコーヒーをこぼす。
中「なんやねん」




DSC03754.JPG
車から降りず寝ていたにいやんは、既に食べ終えたタケカワの「ここのミックス(味)のソフトクリーム超ウメえ」というのを耳にし「オレにもミックスのやつ買うてきて」とつぶやいた。
自分が食べたものと同じイチゴとバニラのミックスソフトを買ってきたタケカワに「ミックス言うたらチョコとバニラって思うやん。。」と不服そうでした。
タケカワ「知らん知らんwww」
にいやん「全然ウマないわ。。




DSC03756.JPG
車が進むにつれ、だんだんフジロックを見に行くお客さんの車やバイクが多くなってきました。
既に高速は降りて、ここは立ち寄ったローソンの裏手。
店内にはフェス装備をまとった常連客がたくさんいました。
ボクらはまあ全員普段着です。




DSC03755.JPG
Tシャツを着替えた中。




DSC03774.JPG
着きました。




DSC03775.JPG
フジロックの出演者と関係者が泊まるプリンスホテル。デカいな〜。




DSC03776.JPG
駐車スペース。初日の午前中は空き空き。




DSC03777.JPG
遠くに、小さいですがお客さんの行列が見えます。




DSC03781.JPG
ホテル内にある受付でチェックイン。
書類にチェックを入れ、パスと一食分のごはん券を受け取った。
ところがこのごはん券、東京に帰ってきてからさかぐちが「すまん、忘れてた。。」と言ってズボンのお尻
から見つけました。がーん。




DSC03783.JPG
行きの車中でなぜかミニコントが始まり、その流れでタケカワが中のTシャツを洗う羽目になった。洗って戻ってきた。




DSC03785.JPG
中「まだ残ってるやん。。」




DSC03784.JPG
タケカワ「これ以上無理!」




DSC03782.JPG
出演者リストを見つめる堀口とにいやん。

写真はないけど、このロビーでもんじゅ君チームのみなさんと合流しました。
このロビーで全出演者の受付をするのですが、ボクらの横にFUN.の3人とチームFUN.のスタッフがいました。FUN.好きのボクは武者震いしてしまった。。FUN.のライブめちゃくちゃ楽しみだったのに、ステージは見られなかった。悲しすぎる(ちなみに1番見たかったSkrillexも見れなかった。。泣&悲)。




DSC03807.JPG
荷物が多いのと初めてのフジロックということで、ホテルからステージまでをスタッフさんが送迎してくれました。ただ今玄関前で待機中。




DSC03800.JPG
フジロックのスタッフの皆さんはめっちゃやさしかった。




DSC03790.JPG
フジロック初日の夜、記録的な暴雨が吹き荒れました。この時はそんな気配は微塵もなかったのに。




DSC03786.JPG
ボクらが目指すのはNEW POWER GEAR Stage / Gypsy Avalon。




DSC03789.JPG





DSC03788.JPG




DSC03799.JPG
会場到着。実はここからステージが終わるまで写真が一切ありません(怒とう過ぎて撮る暇なかった)。
津田(大介)さんと合流し、あいさつして打ち合わせ。
いつもの『スイシンジャー』コントに加え、今回はフジロック特別バージョン編成(スイシンジャー×もんじゅ君×津田大介)なので、みんなは繰り返しセリフを合わせる。機材のセッティングはさかぐちとボクで。下っ端のボクらの準備時間は当然短いです。音楽イベントにコントグループが出る際の当たりのキツさはもう何度も味わった。。
本番が始まり、客席には少しだけど尾米タケル之一座を知ってる人たちがいた。これはうれしかった。原動力になります。
コントの流れは、いつもの『スイシンジャー』→ スイシンジャーともんじゅ君 → もんじゅ君と津田さん、という流れで進みました。スイシンジャーのピンマイクがうまく音声を拾えないというトラブルがありました(途中で復帰)が、なんとか本番を終えた。本番を終えたら次の出演者の為に即行楽屋から退出(そういう決まりです)。
出番が終わったのでいくつかライブを回ろうと思っていましたが、堀口の仕事が迫っていたので(東京で)、泣く泣く苗場を後にしました。。大久保さんやもんじゅ君チームの人たちから「もう帰っちゃうの?もったいない〜」と言われてしまった。。ま、しょうがないですね。でも見たかったなぁ、FUN.とSkrillex。にいやんは怒髪天を見たようで(うらやましい!)。




DSC03795.JPG




DSC03794.JPG




DSC03797.JPG




DSC03798.JPG




DSC03791.JPG




DSC03792.JPG




DSC03793.JPG




DSC03801.JPG
再び送迎車でホテルまで送ってもらった。




DSC03806.JPG
わずかな滞在時間だったけど楽しかったし貴重な経験を積ませてもらった。もう一度書きますが、ご縁に感謝です。




DSC03813.JPG
グッバイ苗場。また来たいなぁ。




DSC03745.JPG
サービスエリアで深田恭子のポスターを見つけてテンションの上がるタケカワ。なんでも、一番好きなタレントなんだって。へー。